哺乳瓶のゲームメモ#4 『Bamboo EP』

見た目も音もポコポコしてます。 今回取り上げる『Bamboo EP』は、昨年12月にSteamにてリリースされたゲームです。Itch.ioからも遊べるみたいですね。 開発元のsokpop collectiveについて、私も詳しくは分からないんですが、アート寄りのかわいい感じのゲー…

哺乳瓶のゲームメモ#3 『Armikrog』

「ゲームはアート」という認識。 クレイマン・クレイマンというゲームをご存知でしょうか。 クレイマン・クレイマンは1998年に発売されたクレイメーションのゲームです。クレイメーションとは粘土のアニメーションのことで、NHKで放映されていた『ニャッキ!…

哺乳瓶のゲームメモ#2 『NO THING』

それは1994年、未来。 NO THINGは、Steamで私が一番好きなゲームです。好きなゲームって正直無くて、「何のゲームが好きなの?」と聞かれて即答出来る人っていないと思うんです。なんとなく「アクションゲームが好き」とか「パズルゲームが好き」とか答えら…

哺乳瓶のゲームメモ#1 『Hover:Revolt of Gamers』

大好きなゲームがとんでもないことになってました。 Jet Set Radioにドハマりしてインラインスケートを買った人、絶対いますよね。私もその一人です。それくらいJet Set Radioが好きだったんですが、そのJet Set Radioと、あのパルクールゲームMirror’s Edge…

「コンシューマーゲームアレルギー」だった話

2月にリリースされた『NieR:Automata』がめちゃくちゃ良かった。前作の『NieR Replicant/Gestalt』は未プレイ、ストーリーとか設定を知っている程度だったから楽しめるか不安だったけど、全然そんな事は無くて、物凄く楽しかった(以下ネタバレあります)。 …

インディーゲームとイベントの話

大学に入ってからインディーゲームにどっぷり嵌りました。よく「インディーゲーム」という定義について、個人開発者とか大手ゲーム会社とかの間でも論争が起こるみたいなんですが、ここでは「Steamで発売されているような、どこの誰が作ったかも分からないゲ…